top of page

登録講習機関講習
(国の無人航空機技能証明制度)

無人航空機(ドローン)の操縦についてはこれまで国家資格がありませんでしたが、2022年12月5日に「無人航空機操縦者技能証明制度」が施行され、技能証明の資格の区分は2種類「一等無人航空機操縦士」及び「二等無人航空機操縦士」があります。

また、無人航空機操縦者技能証明書を取得するには、身体検査、学科試験および実地試験に合格する必要があります。

各試験は原則として国の無人航空機操縦士試験機関が実施するものですが、実地試験については、国土交通大臣の登録を受けた民間の団体が「登録講習機関」として講習を実施することで、講習修了者は実地試験を免除されることとなります。

株式会社AIRロボでは、回転翼航空機(マルチローター)の「一等無人航空機操縦士」及び「二等無人航空機操縦士」の講習を開催し、飛行の限定については下記の項目について開催いたします。

開催する講習の区分

機体の種類:回転翼航空機(マルチローター)

​各種の受講コースの設定

受講生の無人航空機の経験等により複数のコースを用意しております。また、技術や制度の変化の激しい無人航空機業界ですが、講習のみならず機体製作や空撮といった運用面に関わってきた当社の経験を活かして受講生のみなさまに分かりやすく、実践に役立つ講習を心がけてまいります。

講習費用

各コースの受講費用は下記の表のとおりです。受講コースについては表のフローをご参考にしてください。​ご自身に適した受講コースがご不明な場合は当社までお気軽にお問い合わせください。

【基本コース】

 

​【限定変更】

限定変更の講習は下記になります。

一等無人航空機操縦士の昼間、25kg未満および二等無人航空機操縦士の25kg未満限定変更は準備中のため現在はお申込みいただけません。

【最新の開催情報】

・11月

 

・12月

 

 

 

​なお、お申込にあたり下記をご確認ください。航空法により下記いずれかに該当する場合は技能証明の申請をすることができません。


① 受講者が16歳未満であること

② 航空法の規定に基づき技能証明を拒否された日から1年以内の者又は技能証明を保留されていないこと(航空法等に違反する行為をした場合や無人航空機の飛行に当たり非行又は重大な過失があった場合に係るものに限る。)

③ 航空法の規定に基づき技能証明を取り消された日から2年以内の者又は技能証明の効力を停止されていないこと(航空法等に違反する行為をした場合や無人航空機の飛行に当たり非行又は重大な過失があった場合に係るものに限る。)

講習会場

講習は岐阜県郡上市八幡町小那比地区にある、屋内・屋外の訓練に対応できるおなび生きがいセンターにて実施します。広大なグランドですので、安心して訓練に集中することができます。

 

 

 

 

 

 

 

Email: airrobo@gujocity.net

Tel: 0575-65-2700

 

受講に際してはドローン情報基盤システム(通称DIPS2.0)での技能証明申請者番号の取得が必要です。

講習受講に必要な手続きや確認事項については下記にまとめていますので、参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

・技能証明申請者番号の取得と受講予定の登録講習機関の登録方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・技能証明申請者番号取得から技能証明書の新規交付まで全体の流れ

 

 

 

 

 

 

・登録講習機関受講前の確認事項及び手続きについて

無人航空機技能証明制度と資格取得による効果については下記コラムにてまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

・コラム:無人航空機操縦士国家資格取得について vol. 1 飛行や運用に際しての必要性

料金表画像限定変更2023_07.png
料金表画像基本2023_07.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
bottom of page