​ドローン操縦者技能評価システム

D-PSS 訓練用機材「​まとい訓」

ドローンの有用性が注目される一方で、後を絶たないトラブルや事故、フライトに伴う不安の声など飛行現場における課題は山積みです。

「訓練を通していかに実践的な操縦技能を養うか」

ドローンの安全運航を大きなテーマに掲げ、毎月ドローンスクールを開催している当社にとって、実践的な訓練の仕組みをどう作るかは重要なミッションのひとつでした。

このミッションを胸に、当社開発部門は国土交通省の航空無人航空機マニュアルを参考に、航空局OB・自衛隊OBといった空に関わる専門家や、警察OB・消防・防災関係者といった捜索・救助の専門家といった各分野の第一人者たちの助言を受け、試行錯誤のすえに評価システム『D-PSS』と訓練機材『まとい訓』を開発しました。

D-PSS』はドローン運航における操縦技能の精確・安全・速さを評価するシステムの名称であり、このシステムに従って『まとい訓』これら三要素を数値化し、この数値を向上するための訓練を通じて操縦者の技能向上に寄与します。

​送信機画面を見ながらドローンを操作する『D-PSS』と『まとい訓』での訓練は、単にドローンの操縦技能向上に寄与するだけでなく、高い操縦技能を必要とし現場での需要も多い『目視外飛行』の技能向上に、特に効果的です。

当社のAIRロボドローンスクールエキスパートコースの目視外飛行の訓練で既に『まとい訓』を導入しており、受講生のみなさまからも高評価をいただいております。

 

 

 

 

 

 

まとい訓を用いたD-PSSの訓練の特徴

​● 明確な点数方式

 

 

 

 

各標的とドローンの距離・角度から点数を算出します。このような明確な点数方式やモデルコースと基準タイム、安全チェックシートにより操縦者の技能を”定量的”に評価します。

『D-PSS』の安全チェックシートにより、操縦者が現場で注意しなければならない周囲の安全確認や、機体点検等​​も訓練できます。

​● 携行性の高いコンパクト設計

 

 

軽自動車にも積載可能な軽量・コンパクト設計で、訓練場所への持ち運びが容易な『まとい訓』なら、訓練場所が点在していても一台あれば大丈夫です。

 

 

 

まとい訓については問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

​→「まとい訓」お問い合わせ

株式会社AIRロボ

501-4222

​日本,岐阜県郡上市八幡町島谷

1266番地1 INGビル 303

TEL : 0575-65-2700

Mail: airrobo@gujocity.net

​協力

一般社団法人DRC協会

無人航空機管理団体

AIRロボドローンスクール

無人航空機講習団体

大須RCヘリクラブ

 

スポーツドローンクラブ

郡上市SDC

瑞穂市SDC

山県市SDC

LINK

国土交通省航空局より

無人航空機の飛行ルール

 

ドローン情報基盤システムより

DIPS無人航空機飛行許可申請

 

国土地理院より

DID人口集中地区地理院地図

Quick Links

 

Home

 

Top

Contact

Ⓒ2016 |株式会社 AIRロボ | プライバシーポリシー