無人航空機登録義務化まで残りわずか

更新日:6月5日

みなさま、無人航空機(ドローン)の機体登録は済みましたでしょうか?


2022年6月20日をもって無人航空機の登録が義務化されることをうけ、国土交通省の無人航空機登録ポータルサイトでも数日前から、残り日数のカウントダウンが表示されるようになりました。


100g以上の無人航空機を屋外で飛行させる場合は必ず機体登録が必要になります。制度移行前に登録すれば3年間のリモートID取り付けが猶予されます。


制度移行後でも機体登録をすることはできますが、その場合はリモートIDを取り付けなければなりません。もちろん、リモートIDを取り付けることで機体情報を周囲に伝えることができるメリットはありますが、数万円の費用負担や機体の重量増加による飛行への影響が生じる可能性があります。


可能な限り、6月20日より前に機体登録をお済ませいただくことをお勧めいたします。


当社でも機体登録の手順をまとめた動画を作成していますので、これから登録される方は参考にしてみてください。




なお、既に販売されている製品においても、ファームウェアのアップデートによりリモートIDの機能が付与されるものがあるようです。DJI社からは6月1日付けでリモートIDが使用できる機体一覧が発表されています。


https://www.dji.com/jp/newsroom/news/dji-remoteid